« 整列!! | トップページ | おすもうさん »

あの日から3年

あの東日本大震災と福島原発事故から

もう3年が

まだ3年

あの日

出先から帰ってきた主人があわてて

「テレビつけてみ・・・えらいことになってるみたいやで!!!」って

そこでテレビをつけると

現実とは思われない津波の光景が

今でもその時に衝撃は忘れられません

それからしばらくkimiはだめになってしまいました

こんなことしてていいんかな・・・・・・

自分だけ・・・・みたいに思っていました

でも人間は・・・・・・・少しずつ…薄らいでいく

でも

それはいけない

忘れないこと…それが一番大切

被災地・被災者の方々のことを忘れない

先日「福島からの報告」という勉強会に参加しました

NPO法人アースウォーカーズの代表小玉さんのお話と

今福島に残り子育て真っ最中のお母さんのお話もお聞きしました

現地の大変さはメディアは報告していない・・・・その現実

テレビ・新聞・は必ずしも正しいことを本当のことを伝えているとは思われません

被災地の生の声を聴く機会は大切だと思います

それと悲しく感じたのが・・・・

子供たちのために色々な活動をしているお母さん方が心無い言葉に傷ついています

・・・・・・・そんな活動が風評被害だ・・・・補償金を吊り上げようとしているのか?・・・・・・など

命より大切なものがありますか???

何をしようとしているのでしょうか???

kimiは「原発即時0」を訴えたいです

2014_03110005

2014_03110011

福島の子供たちが福島を離れて

自然体験をするプロジェクトがあります

その中で子供たちが福島で見せたことのない笑顔や

動きが見られて

涙するお母さんがたくさんおられます

2014_03110014 2014_03110017

2014_03110016  

もっともっと声をあげないと

日本は大変な国になってしまいそうな気がします

子供を守るのは

今生きている大人です!!!

一人一人の力は小さいけど

みんなの力を合わせればきっと大きな力になると思います

kimiはこれからも被災地のこと被災者の方々のこと

忘れずに心を寄せていきたいと思います

|

« 整列!! | トップページ | おすもうさん »

日記」カテゴリの記事

コメント

そうです!
風化してはいけないんです!
温度差のある冷たい受け止め方…
苦しむ人の心の痛みを解ろうとしない人が
世の中には少なからずいるものですね。

天災による被害は、その人たちに罪も責任もありません。
皆で支え合って、生きて行かなくてはなりません。
3年経っても、中々暮らしの立て直しがいかない現状。
原発への拭いきれない不安…
決して他人事ではありません。
いつも心を寄せて、少しでも力になって
共に生きていきたいものです。


投稿: くるあんママ | 2014年3月12日 (水) 21時19分

noteくるあんママさんへ~


そうですよねsign03

kimiも忘れないようにkimiのできることを
これからもしていきたいと思います

投稿: | 2014年3月13日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 整列!! | トップページ | おすもうさん »